コンセプトconcept

歩き続ける人を支えたい。
弁護士が果たすべき役割。それは、依頼者の方が笑顔を取り戻し、 自分らしく生きるためのお手伝いをすることだと、私たちは考えます。 辛い経験や困難な出来事、そこで感じた悔しさや悲しさ。 心のトゲのように刺さったものを、一緒に一本ずつ抜いていく。 そうしたプロセスを経て人生を取り戻し、 再び力強く歩き出していただけることを、私たちは願っています。 もし立ち止まる時間が必要なら、静かに安らげる場所をご用意したい。 そんな願いを込めて2004年に開設したのが、ブナの森法律事務所です。 ブナの森。そこには豊かな葉が茂り、さまざまな動物が命を育みます。 たくさんの木が集まればそこに、包み込むような心地よい木陰が生まれます。 多様な専門性を持った弁護士と事務局スタッフが一丸となり、 チームの力で問題解決に向き合えることが、当事務所の強みです。 依頼者の方を支える力になりたい。その思いを心に刻み、 より良いリーガルサービスを提供するために努力を続けています。

私たちの信条

  • 依頼者や顧問先の方々に満足していただけるリーガルサービスを提供します。私たちは、1.正確で、2.早く、3.合理的な費用で、4.依頼者の方に満足して頂ける解決を目指し、日々努力しています。
  • 私たちは、依頼者や顧問先の方々の情報管理を徹底し、依頼者や顧問先の秘密を厳守します。事務所のドアは電子ロックで施錠し、第三者の人が無断で事務所に入ることができません。 また、不要になった書類は、すべて溶解処理し、事務所外に情報が漏洩しないようにしています。
  • 依頼者や顧問先の方々と一緒に問題を考えます。私たちは、依頼者や顧問先の方々と同じ目線で、一緒に最良の解決方法を考えます。
  • 少しでも社会のお役に立ちたいと考えています。藤田は、これまで、弁護士を続けながら、名古屋大学法科大学院の教授として、多くの学生を指導してきました。盛田と上松と服部も、名古屋大学法科大学院の非常勤講師として、学生と一緒に勉強しています。 私たちは一人でも多くの、人の痛みが分かる「血も涙もある弁護士」を養成したい、と全力を傾けています。

私たちの取扱分野

pageup